校章

飯田市立龍江小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2221 飯田市龍江3591-1 TEL 0265-27-3039 FAX 0265-27-4658

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

‘今日の出来事’ カテゴリーのアーカイブ

図工の学習から (3・4年生)

9月に入り、3年生は図工の学習で「土絵の具で描こう」の授業に取り組んでいます。ざらざらとした土の感触を感じながら、指や手を使って思い思いに表したいものを表現することができました。また4年生は、「コロコロがーれ」の作品を友だちと協力しながら制作しました。カラー段ボールや厚紙を使って、スロープや通り道を作り、ビー玉がうまく転がるよう工夫して作り、みんなで楽しく遊ぶことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

2学期始業式(8月23日)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、オンラインで開催しました。

「2学期は漢字などの勉強をがんばりたい」

「運動会の組体操があるので5・6年生と一緒に力を合わせてがんばりたい」

1年生と4年生の代表の児童から、2学期の目標の発表がありました。

そして学校長からは、「明るいあいさつ」「ごめんなさい」「ありがとう」「くん、さんづけで呼ぶ」等、心の中の思いやりを見えるように言葉や行動で示しましょうと、龍江小学校の2学期のめあての話がありました。85日間の2学期、コロナに負けずみんなで力を合わせてがんばります。

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

音楽会 (6月25日)

今年の音楽会は、鍵盤ハーモニカも入った1年生のかわいらしい「宇宙人にあえたら」、泥棒や動物の役も上手だった2年生の「ブレーメンの音楽隊」、3年生の美しいリコーダーの音色と合唱「いつだって」、優しく澄んだ声が響いた4年生の「こんにちは・たからもの」、名曲「シーラカンスをとりにいこう」を堂々と歌いきった5年生、みんなすてきでした。6年生は、各学年の発表曲をもとにステージバックの絵を制作し、演奏では「地球星歌~笑顔のために~」をしっとりと歌い上げ、更にアンコールも飛びし会場が一体となった合奏「エル・クンバンチェロ」で盛大に音楽会を締めくくってくれました。また、外部講師の指導も受け、朝の練習を重ねてきた金管バンドの見事な演奏や、新曲にも挑戦した和太鼓クラブの力強い発表も素晴らしかったです。最後に「ふるさとのたからもの」を全校で歌いながら、感動の音楽会を終えることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

第1回クラブ活動(6月17日)

今年度、第1回目となるクラブ活動を行いました。発足したクラブは、伝統と文化クラブ、今田人形クラブ、お茶・お花クラブ、陶芸クラブ、郷土料理クラブの5つです。4年生以上の児童が、それぞれのクラブで地域講師から指導を受けました。

お茶・お花クラブでは、家の周辺にある草花を持参し、用意していただいた花と合わせて生け花で初夏の雰囲気を表現しました。また、今田人形クラブでは、4年生の児童が「手はこんなふうに動かすんだよ」と上級生に声をかけてもらいながら、

初めての今田人形の操作に挑戦をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

5年田植え (5月28日)

「きゃー すべるー!」

(コオイムシを見て)「この虫気持ち悪い!」

裸足で田んぼに入った子どもたちは大騒ぎ。地域の農家の方や、公民館の協力隊のみなさん、保護者の方々に支援をしていただきながらうるち米(風さやか)の苗を植えました。最初はぎこちない動きで苗を植えていましたが、次第にペースがつかめて予定よりも早く田植えを終えることができました。順調に育つと9月の末には稲刈りができるそうで、子どもたちは今から収穫を楽しみにしています。

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

  梅の収穫 (5月11日)

プール横にある学校の梅畑で、3,5,6年生が梅の収穫を行いました。収穫に先立って、竜峡共同調理場の職員から収穫の際の注意事項や、梅の基礎知識についての事前指導を受けました。「これは飯田小梅だよ」「こっちは竜峡小梅だ」と子どもたちは手分けして梅の実を収穫しました。

今回収穫できた梅は全部で28キロで昨年よりも豊作でした。調理場で梅漬けにして給食に提供してもらったり、3年生は梅ジュースを作ったりして収穫した梅を味わう予定です。

 

ページの先頭にもどる

交通安全教室(4月21日)

龍江駐在所長さん、龍江安全協会の方々に来ていただき、交通安全教室を実施しました。

全体会では、所長さんから道路の横断の仕方について指導していただきました。後半は、

低学年は歩行訓練、高学年は自転車の乗り方等についての指導を受けました。

「右見て、左見て、もう一度右を見て」安全協会の方が子どもたちに声をかけてくださり、1・2年生は実際に通学路に出て歩き方を学びました。3年生以上の子どもたちは、飯田自動車学校の方から、乗用車やトラックを使った実演を通して教えていただきました。自動車の回りにできる死角、自転車の点検の仕方、大型車の内輪差、自動車の制動距離について、目の前で見せていただき、交通安全に対する意識を高める時間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

始業式・入学式(4月6日)

 例年になく早い桜の開花となりましたが、快晴のもと元気な1年生を迎えて令和3年度の入学式を行いました。緊張しながらも、1年生の子どもたちは、「ご入学おめでとうございます」の挨拶に、「ありがとうごさいます」と何度も元気よく答えていました。また、入学式に先立って開いた始業式では、新しい職員の紹介や担任発表を行いました。新しい職員、子どもたちと一緒に龍江小学校の令和3年度が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

6年生を送る会 (3月5日)

龍江小学校の先頭に立ち、学校をリードしてくれた6年生へありがとうの気持ちを伝えようと送る会を行いました。「6年生ありがとう」「中学校に行ってもがんばってください」と応援団に扮してエールを送る学年、手作りの植木鉢にビオラの苗を植えて贈る学年、ダンスや替え歌でメッセージを送る学年、それぞれのクラスカラーが出た心のこもった発表でした。また、全校の子どもたちから龍江の輪(縦割り班)毎にメッセージを集めてプレゼントしました。6年生は照れくさそうに受け取り、早速メッセージカードを開いて読む子もいました。そして、5年生が企画した全校かくれんぼでは、校舎内や校庭に6年生がかくれ、龍江の輪で協力して6年生を捜索しました。卒業まであと10日を切りさびしくなってきましたが、全校で6年生と遊ぶ最後の楽しい時間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

児童総会 (2月18日)

令和2年度児童会のまとめとなる、児童総会が行われました。「龍江小 笑顔あふれる宝島」のスローガンのもと、毎日の当番活動や集会活動など各委員会の活動が報告されました。仲良し集会、縦割り清掃、アップルキッズの森集会などコロナ禍においてもやり方を工夫して行うことができた活動もありました。活動の報告への意見や質問に対して、受け止めて真剣に答える6年生は、卒業を控えた最高学年の姿として頼もしく見えました。年間活動報告が承認された後、来年度の児童会役員が紹介され、龍江小学校の児童会は5年生に引き継がれました。

 

ページの先頭にもどる

6年生 紙漉き体験 (2月9日)

地域講師の方4人に来ていただき、和紙作り体験の3回目の紙漉きを行いました。この6年生の和紙作り体験は、昔から農閑期の農家の仕事として受け継がれてきた紙漉きを、地域の伝統として体験してもらいたいという願いを持って7年前から行われています。前回までの作業で仕上げた楮の繊維を細かく叩いた物、トロロアオイの根を細かくし水に浸してのり状にした物を大きなたらいで混ぜ、紙漉きを行いました。

「もうちょっとやさしく、そーっと持ち上げて。」

「傾いてあげてくると、紙が厚いところと薄いところができちゃうでな。」

など講師の方に優しく教えていただきながら、子どもたちは夢中になって紙漉きを体験しました。できあがった和紙を使って、オリジナルのランプシェードの制作を行う予定です。

 

ページの先頭にもどる

 児童会立ち会い演説会・選挙 (2月4日) 

「みんなが仲よくできる学校をつくるために目を合わせたあいさつに取り組みたいです」

「学校中に『ありがとう』の声が響き合うように『ありがとうの輪』を広げたい」

「みんなで集会等を通して、明るくて健康的な龍江小にしたい」

密集を避けるために、今回はオンラインでの演説会となりましたが、タブレット画面に向かって真剣な表情で3人の候補者が自分の考えを発表しました。引き続いて、選挙管理委員さんが投票箱を持って教室を回り投票が行なわれました。318日にまとめの児童総会が行なわれ、6年生から5年生に児童会が引き継がれます。

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

2・4年生イチゴ狩り体験 (2月1日)

今田平のイチゴハウスで、2・4年生が昨年10月に植えたイチゴが収穫の時期を迎え、イチゴ体験をさせていただきました。

「どのイチゴにしようかな?」「こっちの方が大きいよ」「これ真っ赤だよ!」

甘いイチゴのかおりに包まれたハウスの中で、子どもたちは大喜び。大事そうに持ち帰り用のタッパーに入れていました。

新型コロナウイルス感染症の心配から、今回はイチゴを持ち帰りとし、間隔を開けての収穫となりましたが、笑顔一杯の収穫体験となりました。

ページの先頭にもどる

6年和紙作り体験 (1月19日)

新型コロナウイルス感染症拡大の心配が続きますが、1月8日(金)に3学期始業式を放送で行いました。47日間の短い3学期ですが、6年生は中学進学、他の学年は進級に向かって、1年間のまとめを行います。

19日(火)には、地域の方を講師にお招きし、6年生が和紙作り体験の第1回目を行いました。全体説明を聞いた後、近くの山林に出かけ、楮を切ってきました。その後、楮を蒸して、皮をはぎ、第1回目の作業を終えました。

「こんなに大きい鍋で蒸すの?」「うまくむけた!」と友だちと協力しながら作業を楽しみました。段ボールカッター等を使って楮の黒皮を削ぐ作業(たくり)は、手間がかかって子どもたちも苦労していました。続きの作業は2月に入ってからい、龍江の和紙を仕上げる予定です。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

1・2年生おやす作り(12月21日)

 1・2年生が生活科の時間を使って、正月飾りに使うおやすを地域の方、保護者の方に教えていただきながら作りました。説明を聞いて作り始めると、最初思うように作ることができない子もいましたが、次第に慣れて多い子は5つ、6つとおやすを作ることができました。自分で作ったおやすを子どもたちはうれしそうに持ち帰りました。

ページの先頭にもどる

金管バンド・和太鼓クラブ発表会(12月18日)

金管バンド・和太鼓クラブ発表会(12月18日)

多くのイベントが中止になり、発表する機会が減りましたが、今年度最後の発表会として全校児童とそれぞれのクラブに属する保護者の皆さまの前で演奏することができました。おそろいのTシャツを着た金管バンドのメンバーは、伊藤先生の指揮に合わせて『ミッキーマウスマーチ』『マリーゴールド』を演奏しました。1学期から積み重ねてきた練習の成果が現れた素晴らしい演奏でした。そして短期間の練習にもかかわらず6年生だけで演奏した『クリスマスソングメドレー』は金管バンドを引っ張ってきた6年生の最高学年としての姿を示した見事な演奏でした。

 

 

 

 

 

和太鼓クラブの発表では『夏祭り』『清流登リ打ち』を、リズムのって全身で太鼓を打ち込む姿が見事でした。最後に6年生だけで演奏した『山呼』は卒業演奏にふさわしい、6年生の力強さと気迫が心に響いた演奏でした。

金管バンド、和太鼓クラブ、どちらも6年生は退団にあたって、一言ずつ感想を発表して最後の発表会を終えました。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

5年宿泊体験学習(12月1日・2日)

延期となった5年生の宿泊体験学習ですが、12月の1日、2日の日程で実施することができました。1日目は、松本城、「蔵元石井味噌」、「安曇野アートヒルズミュージアム」「大王わさび農場」、2日目は「アルプス公園」「ラーラ松本」に出かけました。松本城で『足軽』に扮した方と記念写真を撮り、石井味噌では見たこともないような大きな味噌樽に驚き、アートヒルズミュージアムでは、「ペーパーウエイトのサンドブラスト体験」をして、自分がデザインしたペーパーウエイトを完成させることができました。

2日目は、アルプス公園で気温2℃の寒さも吹き飛ばす勢いでアスレチックや小動物園を楽しみ、ラーラ松本の大きなプールで、大波やウォータースライダーを心ゆくまで楽しみました。日程の延期、コースの変更などありましたが、全員そろって参加することができ、

子どもたちにとっては忘れられない2日間となりました。

ページの先頭にもどる

マラソン大会(11月24日)

ぬけるような青空のもと、伝統の龍江小学校マラソン大会を実施しました。子どもたちは赤く実ったりんご畑の中を全力で走り抜け、気持ちのいい汗をかきました。11月に入り、体育や朝の時間、休み時間に少しずつ校庭を走って、子どもたちは体力をつけてきました。5年生から学年毎にスタートし、笑顔で走り出す子、短距離走かと思われるくらいの速さで校庭を出ていく子、それぞれが自分のペースで走り出しました。ゴールの校庭に戻ってくる頃には、汗をかき、真っ赤な顔で懸命にゴールを目指して走り、出場した全ての児童が無事にゴールすることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

アップルキッズの森集会(11月17日)

コロナの影響で予定通りには進まなかったアップルキッズの森の活動ですが、今日は全校児童が集まって、りんご(ふじ)の収穫をすることができました。「龍江のりんごは天竜川の川霧がおいしくしてくれるんですよ」と管理部の方が教えてくださった龍江小自慢のおいしいりんごが、コンテナ30杯以上収穫することができました。

「こっちの方が赤いかな?」「あの高いところのりんごおいしそう」

子どもたちは、赤くて大きなりんごをうれしそうに選んでもぎとっていました。子どもたちが春に摘果をした後、消毒、草刈りなど、見えないところでりんご管理部の方やPTA、地域の方に世話をしていただきました。支えてくださった方への感謝の気持ちをもち、龍江小学校のりんご園のよさを改めて感じたアップルキッズの森集会になりました。

   

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

2年 ふるさと探検(11月13日)

真っ青に晴れ渡った空のもと、紅葉真っ盛りの天龍峡方面に2年生がふるさと探検学習に出かけました。天龍峡の姑射橋、もみじ橋を歩きながら観光ボランティアの方に、天龍峡についての説明をしていただきました。次に、足湯(りんごの湯)体験をしました。

「わー、気持ちいい!」「あったかーい」「足がつるつるする」

りんごが浮かぶ船の形をした浴槽に足を入れて、子どもたちは大喜びでした。

例年、春に行っていたふるさと探検が秋の実施となりましたが、真っ赤に色づいた紅葉や満開の菊の花、赤く色づいたりんごを眺めながらのふるさと探検に、改めて龍江の素晴らしさを感じることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる